カードローンとキャッシングの違いについて

カードローンとキャッシングの違いについて

・カードローンは大口融資がある!

カードローンは、少ないものだと数十万円程度ですが、大きい金額になると数百万円までの大口融資が可能となっています。基本的に金額が大きくなるので、返済方法はリボルビング払いが一般的となっています。カードローンは、銀行によって多少異なりますが、基本はカードーローンの専用口座と普通預金の口座があり、毎月の返済は普通預金の口座から自動的に引き落とされていきます。引き落とされる金額はカードローンの残高によってスライドしていきますが、定額のリボルビング払いとなるのが一般的となっています。カードローンは融資金額が大きいこともあり、銀行が出しているローン商品であるため金利も低いというメリットがありますが、その分審査が厳しいというデメリットもあります。

・キャッシングは小口の短期融資

キャッシングというのは短期でお金借りる小口融資のことです。いちばん身近にある馴染みがあるキャッシングといえば、クレジットカードに付帯している融資機能をあげることができます。たいていのクレジットカードには、「キャッシング」機能が付いており、日本国内はもちろん、海外でも現地通貨でキャッシングをすることができます。ですから、キャッシングとは、多くても50万円ぐらいまでの小口融資のことで、1万円単位の少額から借りることができます。そして、その返済方法は翌月に一括で返済することが一般的な方法となっています。