銀行から借りずに人にお金を借りる方法

銀行からお金借りれる場合には、どうしても利息というものがついてしまいます。
これは、銀行などが経営を行っていくうえで、当然であり、またお金を貸すことはリスクにもつながっているため、当然のことなのですが、あまりにも金額が大きい場合には、このようなお金を借りるだけでも、利息の金額が大変なことになってしまうケースもあります。
そのような時には、銀行から借りずに人にお金を借りる方法として、例えば知人、親戚や兄弟などや親御さんから借りる、このように人にお金を借りる方法というものがありますが、この場合には、家族であれば、それほど拒否などはされませんが、親類などであり、血がつながっていないケースでは、赤の他人と同じであるため、念書などを書き、それからお金を貸してもらえる、というケースになります。

また、これは、お金を貸してくれる人の心理や、その借りる側と貸す側との距離感、信頼関係にもよりますが、利息などを、少額でもつけて、あとでお金を返すように言う人もおり、これも銀行と同じように、信頼がまだしっかりと成り立っていない場合には、このようなことは多々あります。

一方で、家族間などで仲が良い家族などの場合には、このようなことはなく、ほぼ、お金がかえってこなくてもよい、あげるつもりでお金を貸す、という形のケースもあります。

その場合にも、一応借りる側としては、必ず返すとして念書を書くという人もおられますが、これは、一応形式的にもその方がマナーとなっているからです。